必要換気量計算

●下の欄に発熱量、または燃料消費量を入力し、単位を選択して下さい。
※都市ガス、プロパンガス、ブタンエアガス共通です。

必要換気量は m³/h

ランニングコストの自動計算

●調べたい家電製品などの消費電力(W)と、1日の平均使用時間を入力し、電力量料金単価を選択して「計算」を押します。
※電力量料金単価は電気料金の明細書をご確認になるか各地域の電力会社にお問合わせ下さい。

消費電力 W 使用時間 時間/日 電力量料金単価 円/kWh 

一日あたり 円  一週間あたり 円  一ヶ月あたり 円  一年間あたり 円 

※消費電力は製品内面の型式銘板/定格銘板又は取扱説明書に記載されております。(現行製品の消費電力はこちら)
※料金単価は各地域の電力会社によって異なります。
※料金単価は電気使用量によって3段階の格差が設けられております。(三段階料金制度)
※料金単価に関しましては各地域の電力会社にお問合わせ下さい。

必要換気量と有効換気量の計算方法

例題

ガス器具に都市ガス13A用3口コンロ、グリル付き最大燃料消費量11.0kWを使用し、以下の図のようなダクト配管で設置した時の有効換気量を求める。

例題

必要換気量を求める

必要換気量(V)=定数×理論廃ガス量(K)×燃料消費量(Q)
=30×0.93 m³/kWh×11.0kW = 306.9 m³/h ≒ 310 m³/h とします。

ダクト系の圧力損失を求める

ダクト系圧力損失曲線を記入するために本来は200、300、400、500 m³/h等各風量時における圧力損失を求めますが、ここでは簡略法を用いて計算するため特定風量時の圧力損失だけを求めて計算します。(例:400 m³/h時)

φ150mmダクトに風量400m³/hを流したとき直管1mあたりの圧力損失は表1より3.17Pa

表1 丸ダクトの1mあたりの圧力損失

直管部の圧力損失:Ⅰ+Ⅲ+Ⅴ+Ⅶ =0.5+3+1+2=6.5m
3.17Pa×6.5m=20.6Pa…P1

曲管部の圧力損失:Ⅱ+Ⅳ+Ⅵ=等価の円管の長さは表2-③からR/D=0.15/0.15=1
従って15Dとなり、15D=15×0.15=2.25m 3.17Pa×2.25m×3=21.4Pa…P2

表2 各種風管部分の圧力損失係数表

ベンドキャップの圧力損失:同カタログ記載のベンドキャップVC-15Hの圧力損失
曲線で400m³/h時の圧力損失読取値=約36Pa…P3

φ150mmダクトに風量400m³/hを流したとき直管1mあたりの圧力損失は表1より3.17Pa

外風による圧力損失を求める

外風(10m/s)による圧力損失は次の式で求めます。

有効換気量を求める

選定機種の静圧・風量曲線に風量400m³/h時のダクト系圧力損失A点を記入します。

この点を通り、φ150ダクト抵抗曲線とほぼ平行な線Aを記入します。

線Aに対して外風による圧力損失(42Pa)を加えた線Bを線Aと平行に記入します。

線Bと静圧・風量曲線との交点Bのときの風量が選定機種を強運転した時の有効換気量約430m³/hとなります。
従って、使用するガス機器に対する必要換気量約310m³/h以上の換気能力を有することから、この条件ならば選定機種は使用することができます。

有効換気量を求める